トップへ戻る
一般住宅用 公共・産業用
太陽光発電とは
太陽光発電システムとは、自宅の屋根などに太陽電池パネル(モジュール)を取り付け、太陽光で電気を作るシステムです。作った電気は、家庭内の様々な家電製品で使用することができ、また、使い切れずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気(最大1.5kw)を使うことができる、環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。

 
   
太陽の光から電気を作る   家庭で使える電力に変換   家庭の電力を管理する
太陽光モジュール
このパネルで太陽の光を受けて、電気を作ります。
  パワーコンディショナー
太陽電池モジュールで発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変化します。
  電力モニタ
システム全体の運転を自動管理します。
   
         
     
電力を各電気機器に送る   売る電力と買う電力を量る    
屋内分電盤
発電した電力を各部屋で使えるように送ります。
  電力量計
総発電から、使用分を差し引いた電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。
   
     

一般の系統連系方式(*1)の太陽光発電システムでは、電力会社の配電線とつながっているので、発電電力が消費電力を上回った場合は、電力会社へ逆に送電して電気を買い取ってもらうことができます。反対に、曇りや雨の日など発電した電力では足りない時や夜間などは、従来通り電力会社の電気を使います。※なお、この様な電気のやり取りは、自動的に行われるため、日常の操作は一切不要です。

*1:系統連系方式
自動的に発電した電力が余ったら電力会社に売り、不足した分は電力会社から買うために、ソーラー発電システムと電力会社の配線を接続することを系統連系と言います。




太陽光発電の電気の作り方、使い方




太陽光発電のメリット

光熱費を大幅ダウン! オール電化と組み合わせるとさらに電気代がお得!
太陽光発電は環境に配慮しながら、光熱費をグーンと節約可能。しかも太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待できます。オール電化住宅+太陽光発電の生活とは、家庭で必要なすべてのエネルギーを電力でまかなうだけでなく、太陽光の力で電力を生み出すことができます。つまり、太陽光発電で得た電気を有効に使うことで光熱費を大幅に抑えるだけではなく、さらに余った電気を電力会社に売ることまでできる、より家計にやさしい電力といえるのです。


発電した電気を使えて、余った電力は売電もできる! しかも全て自動で手間いらず!
発電した電気は、家庭での電力として使う事が出来るため、その分の電気代はタダとなります!
しかも使用しても余った電気は電力会社に売ることが可能。面倒な手続きや作業は一切不要です。また、夜間は発電できないため、電力会社から買電(電気を購入)します。その際、夜間の電気代を安くする時間帯別電灯契約を利用すれば、さらに効率的に電気代を節約することができます。しかも、発電や電気の売買についても全て自動だから余計な手間は必要ありません。


太陽光発電のパネルで、屋根裏温度が快適に!
太陽光パネルを設置するとパネルが断熱効果を発揮し、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。


災害時にも活用が可能!
地震や台風などの災害により、停電になった場合でも、太陽光発電の電気(最大1.5kw)を供給ができます。専用のコンセントに、使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。


環境に優しい!家族で省エネ対策も・・!
太陽光を利用するので、石油消費やCO2排出の軽減など環境に優しいエネルギーです。
また、リアルタイムで電気の使用状況が分かる「カラー電力モニタ」を使って、家族で月々の目標に向けて頑張れたり、日々の生活の中で自然と電気の話題も増え、家族の省エネに対する意識も高まります。



Copyright (C) 喜多機械産業. All Rights Reserved.